治療でうつ病に打ち勝とう【自分を受け入れてもらう事が必要】

サイトメニュー

十分な休養が大切

女性

定期的なチェックが必要

日本においては、長時間労働とそれに伴ってメンタルヘルスに問題を来す人がますます増加しています。政府も働き方改革に取り組んでいますが、人手不足も相俟って労働時間はなかなか短くならず、状況の改善は進んでいません。このため、メンタルヘルスに問題を抱える人は増加の一途を辿っています。労働者がうつ病になって働けなくなることは、企業にとっても大きな痛手です。社員の健康を保持するためにも、メンタルヘルスの自己チェックを推奨するなどしています。うつ病も他の病気と同様に、早期発見が早期治療につながります。治療が早ければ早いほど、早い回復が期待できます。発見が遅れると、その分症状が進行してしまい、回復が遅れてしまいます。うつ病の治療に当たっての最大のポイントは、いかに早く病気であることに気づくかにかかっています。うつ病の症状の特徴である気分の落ち込みや体調の不良は誰にでも起こりえます。それが長期化することが大きな分岐点となります。気分の落ち込みや体調の不良は、誰しもが体験することですので、うつ病を発症することに気づきにくいことが問題です。うつ病を治療するに当たっては、休養が何よりも必要です。社会的にもうつ病に対する偏見がなくなるとともに、認識や理解が深まっていますので、会社でも長期休暇制度を設けています。さらに、会社に復帰するにあたっても、復職プログラムも準備しています。しかし、うつ病の治療には長い時間を要します。寛解までには時間がかかりますので、経済的な理由からも復帰せざるを得ない場合もあります。治療に当たっては、認知行動療法なども行われる場合もありますが、一般的には投薬治療が用いられます。通院して、服薬しながら、働き続けます。専門医の診察を受け、その指導に従って服薬します。寛解していない以上、時々は調子が悪くなることもあります。このため、会社においても上司や同僚など、周囲の人間の理解が不可欠です。時々は調子を落としながらも少しずつ症状の改善を目指します。根気よく病気とつきあっていくことが大切です。薬の効能も上がってはいますが、うつ病を発症した要因の改善、除去が不可欠です。

Copyright© 2018 治療でうつ病に打ち勝とう【自分を受け入れてもらう事が必要】 All Rights Reserved.