治療でうつ病に打ち勝とう【自分を受け入れてもらう事が必要】

サイトメニュー

正しく症状を理解する

鬱

さりげない優しさで

うつ病を発症すると自己肯定感が持てなくなり、心の持ちようが不安定になります。また、自分が発症したことを認めようとしない場合には、心療内科や精神科に行き治療を開始するタイミングが掴めない人もいます。うつ病になりがちな環境は、さまざまな社会的責任を果たさなければならない立場である時や、ショックな経験をして受け止められない時などです。うつ病の治療が難しい要因には、見た目では分からないことや優しい言葉が必要な時と放っておいた方がよい時の判断がつかないことがあります。会社などでは上司や後輩がおり、正しく仕事を処理しなければなりません。感情的にならずに仕事をするには、心が健康でなければなりません。また、一度うつ病になると治療をして完治するまでに最低でも一年以上かかるので、実際に休みを取ったり復職したりするには難しい状況があります。しかし、病気を発症した本人に強くあたったり責任を求めたりしては、ますます症状が悪化してしまいます。うつ病は会社でも家庭でも見捨てずにさりげない優しさで、常に見守る必要がある病気です。うつ病の患者が増えている日本では、精神科や心療内科がだんだんに多くなっており、インターネットなどでの情報の共有によって、偏見が無くなってきました。うつ病の診察は月に二回程度で、治療には薬の処方がなされます。通院には一回に二三千円程度の負担ですから、一月では一万円かからない場合がほとんどです。しかし、当事者本人が診察の内容に納得しなかったり、担当医との相性がよくなかったりすると症状が悪化してしまうこともありますから、病院選びはとても大切です。病院の通院には出来れば身近な家族が同伴して、本人が治療を受け入れ治癒に向かっているのかを判断することが必要です。うつ病であっても仕事をしながら通院して治療を行うことが理想ですから、周りでサポート出来るのであれば会社はやめない方がよいでしょう。しかし、重度のうつ病になってしまい命の危険がある場合には、大変でも入院する選択も必要です。本人の病状が悪化する要因を排除して、安らげる環境を維持することは大変ですが、この努力があってこそ完治することが出来ます。

Copyright© 2018 治療でうつ病に打ち勝とう【自分を受け入れてもらう事が必要】 All Rights Reserved.